TOTAL経理代行センター 東京

0120-516-787受付時間 平日9:00-18:00

メニュー

コラム column

こんにちは。TOTAL経理代行センター三井です。
今回は経理代行を使うことでどのようなメリット、デメリットがあるのかをお伝えしたいと思います。

皆様は経理業務と聞いて何を思い浮かべますでしょうか。
振込、給与計算、請求書発行など一言に経理業務と言ってもその業務は多岐にわたります。
また、細かい作業だけれどミスができない、他の方に依頼ができないなども同時に思い浮かんだのではないでしょうか。
実際、ご自身で経理業務をやられており、「本業のために使いたい時間が奪われてしまっている」と感じている経営者様は数多くいらっしゃいます。
そんな時にご活用いただきたいのが経理のアウトソーシング「経理代行」です。

経理代行とは

その名の通り社内の経理業務を代行してもらい、経理業務をアウトソーシングすることを指します。経理業務の大部分をアウトソーシングしてしまう場合もあれば、「振込支払代行」、「給与計算代行」、「請求代行」、「記帳代行」などから必要なものだけを選択しアウトソーシングする場合もあるかと思います。

経理代行導入のメリット

経理代行のメリットには次のようなものがあります。

① コスト削減

経理担当者を採用したり、専門部署を設けたりすると年間で数百~数千万円のコストが発生します。経理代行では依頼した業務量に応じての料金設定になっている場合が多いので無駄な費用を払う必要はなく全体でのコスト削減につながります。また、経理担当者が突然辞めてしまった場合に業務が滞ってしまうなどの問題も解消することが出来ます。

② 安心して任せられる

経理業務に精通したプロのスタッフが代行業務を行うためミスを減らすことが可能です。また、社内に専任の経理担当者がいる場合、経理業務の性質から業務が属人化し不正が起こりやすい環境になってしまいがちですが、アウトソーシングすることで第三者の視点から不正の防止につながります。

③ 本業へ集中できる

いくら経理業務が重要で間違えることはできないと言っても、会社にとって一番大事なのは本業であることは変わりません。経営者や従業員が本業に加え経理業務を行っていると、本来ならば本業にかけることが出来たであろう時間や経営資源を経理業務へ使わなければならなくなります。経理代行を使い経理をアウトソーシングすることで経理業務に関するストレスから解放され本業に集中することが可能です。

経理代行のデメリット

経理代行のデメリットには次のようなものがあります。

① 社内のノウハウの蓄積ができない

経理業務をアウトソーシングすることで社内で経理業務をしなくてもよくなる反面、経理業務のノウハウが社内で蓄積されないため従業員への経理業務の教育がしづらくなる可能性があります。

② 情報流出のリスク

振込や給与計算など経理業務には個人情報など社内の重要な情報を扱うため情報漏洩はあってはならないことですが、アウトソーシングすることで社外に情報を提供することになるため、誤送付のリスクなどが考えられます。リスクを避けるためにも、代行会社が信頼に値する会社であるのか判断する必要があります。

最後に

これまで記載してきた通り経理代行にはメリットもデメリットもございますが、うまく利用していただくことで煩わしい経理業務から解放され本業に集中できるようになるのは間違いございません。
>実際に経理代行サービスをご利用になったお客様の声はこちら

ご興味のある方はTOTAL経理代行へお問い合わせください。

TOTAL経理代行センターでは、経理代行に関するご面談を無料で承っております。経理に関するお悩みを、まずは一度お聞かせください!

コラム一覧へ

まずは無料面談でお悩みをお聞かせくださいTOTAL経理代行センター

  • お電話でのご予約

    0120-516-787

    受付時間 平日9:00-18:00

  • WEBからのご予約

※無料面談ご予約専用の電話、メールフォームです。お問い合わせ、相談窓口ではありません。